CLOSE MENU
★HOME用

POLICY

第三者機関による10回検査の実施

私たちは第三者機関による、国際規格(ISO19011)指針に沿った現場施工品質監査システムを導入しています。
基礎部分から建物完成まで、10回に及ぶチェック体制で、お客様に安心と安全を提供しています。

大きな安心を約束する「GenKan-NS®

業界初となる監査基準書(標準施工手引書)を連動させた
現場施工品質監査アプリケーションシステム「GenKan-NS®」で住宅品質の安定供給をお届けしております。

今の日本の住宅産業は、地域の工務店様、ビルダー会社様の個々の裁量で建築が行われているのが現状です。それでは、お施主様に「わが社の家づくり」の品質を裏付けした形でアピールする事が出来ないのではないでしょうか?
GenKan-NS®は、施工品質を担保する「監査基準書」に沿って、各社専用の監査アプリケーションを連動させ、現場が基準通りに施工されているかどうかのチェックを国家資格(建築士)を有した現場監査士が監査します。
監査時の写真はクラウドサーバーで管理・保管し、住宅完成時には「現場監査記録書」としてお施主様にお渡しすることができます。

10回の監査工程に沿ってしっかりと監査し、コメントと現場写真を掲載しながら監査記録をクラウド上に保存します。
建築途中の施工状況などもリアルタイムにご確認いただけます。

GenKan-NS®のシステムと流れ

110回の監査工程において、主要瑕疵に関わる重要な5工程(1、3、4、5、6回)を基本とし、第三者監査を実施いたします。

※ 上記は株式会社ネクストステージ様のHPより引用させていただきました。

POLICY-INDEX